皆さん、こんにちは。

軽貨物の事業を運営している、株式会社ウォーキングの中島です。

 

配送・運送・宅配において、ついに電車が登場しました。

 

配送業・宅配業は人手不足である事は、皆さんがご存知の通りだと思います。

その為、この業界では、こんな取り組みが始まっています。

http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20161108-10254860-carview/?mode=full

 

この他にも、東京都から埼玉県を結んでいる東京メトロ有楽町線と東武東上線でも、新潟県の北越急行と同じような取り組みを行う方向で話が進んでいる様です。

 

しかし、当然の事ながら課題もあります。

 

新潟県の北越急行の様に、周辺地域の人口と鉄道の利用客がそれほど多くなく、鉄道ダイヤに余裕がある場合は、そこまでの問題にはなりにくいです。

しかし、首都圏・名古屋圏・大阪圏・福岡圏などの人口密集地で鉄道の本数や乗降者数が多い地域では、荷物量が増えてくると、明らかに荷物の積み下ろしに時間が掛かってしまいます。

そうすると、専用の鉄道ダイヤや積み下ろし専用のホームが必要になる事は間違いありません。

鉄道も元々は、荷物を運ぶ事がメインの仕事ではなく、人を乗せて移動してもらう手段である為、北越急行の様に、同じ駅に何分も電車を停車させる訳にはいきませんよね。

特に、急いで移動する必要がある際に、荷物の積み下ろしが原因で大幅な電車遅延が発生した場合、皆さんはどうしますか? という話にもなってきます。

この様に考えると、人口や鉄道の本数が多い地域での本格的な運用や始動に関して、十分な検討や方向性を考える必要があります。

 

人手不足のこの業界にとっては、とても素晴らしい取り組みではありますが、地域や路線、やり方を考えないと、皆さんの生活に影響を及ぼしかねない事実がある事も認識するべきだと思います。

 

近い将来、貨物列車を含めて、荷物専用の電車を目にする日が来るかもしれません。

 

今回は、ここまで! 次回もお楽しみに!

よろしければ 軽貨物ドライバーの求人募集(登録特典あり)も見て行ってください!!

 

お問合せはこちら