皆さん、こんにちは。

軽貨物の事業を運営している、株式会社ウォーキングの中島です。

 

前回、外国人の労働者・働き手が増えてきている、という話をしました。

 

部長や課長を含む一般社員の方々や自営業の方々とお会いする事が多いのですが、圧倒的に、現在の仕事のみで何とかしようと考えている方や、今の会社・企業が他の仕事を認めていない事が、非常に多いです。

その際には『 今の仕事を含めて、仕事は3つ以上を持つと良い 』 あるいは 『 仕事を3つ以上持つように行動しよう 』 と話をする事が多いです。

 

もちろん、会社経営者や取締役クラスの方は複数の仕事を掛け持ちしている事が多いですし、一般の方でも複数の仕事をしている方もいらっしゃるので、その様な方々には、この様な話は一切していません。

 

 では何故、この様な話をするのかと言うと、理由は非常に簡単です。 

まず1点目は、前回のブログでお話しした内容です。

2点目は、今の日本では、企業・会社の倒産や人員整理(リストラ)を始め、地震や台風などの自然災害が多くなっている事、また、怪我や病気など、人生で生活を送っていると、いつどの様な形で職を失ったり、あるいは働けなくなるか分からない時代になっている事です。

 

1つ例を出してみますので、よく考えてみて下さい。

 

【Aさん】 40歳のサラリーマンで月収30万円、一般職 / 他の仕事は一切なし

 

【Bさん】 40歳のサラリーマンで月収30万円、一般職 / ネットオークションとフリーマーケットで毎月8万円の収入(副業) / 配送業・宅配業で毎月4万円の収入(副業)

 

この2人が全く同じ時期・同じ状況で、会社が倒産したとしましょう。

 生活が何とか持ち堪える可能性が高いのは、どちらでしょうか? 

 

答えは簡単ですよね? そうです。 答えは、もちろんBさんですよね。

 

残念ながらAさんは、転職活動をしようにも、一般職であり特に大きな特徴がない上に年齢的にも厳しいと思われ、早い段階で資金が無くなって、転職活動を失敗し続ける可能性が非常に大きいです。

 

しかし、Bさんはメインの仕事を失っても、他の仕事で何とか食い繋ぐことが出来ますし、転職活動の資金も、何とか稼ぎ出すことが出来ます。

また、考え方や見方を変えると、下2つの副業を本業として切り替えることも出来るのです。

 

皆さんなら、どちらを選びますか?

 

『 所属の会社が認めていないから・・・・・ 』 とか 『 自分にいたっては、そんな事は起きる事は絶対にない 』など、理屈や理論ばかりだったり、他人事で済ませている皆さんは、Aさんと同じ運命になる事は目に見えています。

 

 次は我が身だ、という認識や意識を常に持って、人生を送って頂きたいです。 

 

最近は、働けなくなった場合に、保険で給料を保障するというモノも出てきました。

万一にも自分に何かがあっても、生活を保障してくれる保険などに加入していれば何とかなるだろう、と言う方もいらっしゃると思います。

しかし、保険は、契約内容によっても保障がどこまであるか分かりませんし、また、保険の支払いには一定の制限がある場合もあります。

保険を当てにし過ぎると絶対に痛い目に遭うので、まずは、複数の仕事を持つことから始めてみて下さい。

 

今回は、ここまで! 次回もお楽しみに!

よろしければ 軽貨物ドライバーの求人募集(スタート特典あり)も見て行ってください!!

 

お問合せはこちら