皆さん、こんにちは。

軽貨物の事業を運営している、株式会社ウォーキングの中島です。

 

今回は、

軽貨物運送業と宅配業の違い

をお話しします。

 

まずは、両者の違いを比べてみます。

 

◎軽貨物運送業

・荷物を集荷後、当日中に納品(届け)する事が大原則

・法律や条例に違反しなければ、何でも運ぶ事が出来る

・実走距離によって配送料金が変わり、距離が長ければ高額になりやすい

・同じ場所または住所に届ける荷物であれば、極端に個数が多かったり重すぎる荷物を除き、個数の制限が無い

・使用する車両は全て軽車両のみで、他の車両は無い( 9月 12日のブログ参照 )

 

◎宅配業(Y運輸・S急便・F通運など)

・荷物を集荷後、納品(届け)までに1~3日程度の時間や日数が掛かる

・法律や条例の違反物以外にも、各会社が独自で、運ぶ内容物を制限している事が殆どである

・各地域によって配送料金が決められていて、大きさや重さによっても異なるが、安価の料金で利用できる

・同じ場所または住所に届ける荷物であっても、荷物が複数個になったり重さにより、追加料金を徴収される

・使用する車両は、2tクラスの車両と軽車両の2パターンがある

 

2つの違いを見てみましたが、目に見える大きな違いは、この様になっています。

あとは、運営会社によって多少の違いがある場合もあります。

 

両者の共通している内容で言えば、荷物を集荷して届ける、という基本的な流れは、軽貨物運送業も宅配業も何ら変わりはありません。

 

今回は、ここまで! 次回もお楽しみに!

よろしければ 軽貨物ドライバーの求人募集(登録特典あり)も見て行ってください!!

 

お問合せはこちら